名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社の役職

会社の役職

会社設立で時々いただく質問に会社の役職についてがあります。

たとえば取締役の一人を常務としたいが、定款に記載する必要があるのかなどです。

実は会社の取締役は、代表取締役以外、登記上には何の区別もなくすべて同じなのです。

ここでは、よく使われている役員や会社の役職について説明いたします。

会社の役職の順番

前述したように会社の登記上に取締役の上下の順番はありません。

しかし実際の会社にはたくさんの役職があります。

一般的な序列は下記のとおりです。

  • 会長
  • 社長
  • 副社長
  • 専務
  • 常務
  • 執行役員
  • 部長
  • 課長
  • 係長

役職と役割

一般的によくある役職名とその役割は次のとおりです。

会長

会社を代表する者。

代表権をもつ場合ともたない場合もありますが、ほとんどの会社では社長と会長が持っています。

社長の立場を後継に譲った立場の方が多く、取締役会のトップという位置づけであるため社長より上の役職と考えられています。

社長

会社を代表する者。会長などがいない一般的な会社では、会社の最高責任者です。

通常は、代表権をもちますが、必ずしも社長イコール代表取締役であるとは限らず、単なる取締役ということもあります。

副社長

その名のとおり社長を補佐する者、社長の代理をするものです。

大きな会社だと代表権をもっていることもあります。

専務

よく聞く役職ですが、会社法上は単に取締役となります。

会社内での呼び名ですので取締役でない専務もありえます。

役割としては社長の補佐をし、会社の業務全般を管理します。

常務

常務も会社法上は単に取締役となります。

専務も常務も会社法上は、取締役であり全く同格ですが、会社内では専務のが上とされています。

役割は、専務が社長を補佐し会社全般の業務管理をすることに対し、常務は社長を補佐し日常的な業務執行を行うこととされています。

一般的にはここまでが会社法上の取締役となっている場合がほとんどです。

執行役員

執行役員とは、取締役の指揮下で業務執行の責任及び権限をもつ者とされています。

役員という名がついてますが、ほとんどの場合、登記上では役員(取締役)では無く、一般の従業員になります。

部長 課長 係長

それぞれの部署、課、係を統括する者です。

一般的には従業員ですが、家族経営の会社などは部長や課長でも取締役になっている場合もあります。

その他の役職と役割

上記以外にも会社には様々な役職があります。

これらはあくまで会社内での呼称であり、それぞれの会社で異なりますが、一般的に考えられている役割になります。

相談役

その名のとおり会社の経営上の問題などを役員などから諮問を受ける立場の者です。

したがって多くの方は、元社長などであり引退されてこれらの役職に就いています。

会社によって待遇は様々で、非常勤となっていることもあります。

顧問

顧問もその名の通り会社の様々な問題の相談を受ける役職です。

顧問と相談役に明確な違いはありませんが、一般的には顧問の方が細かい業務上の相談を日常的に受ける立場にあると考えられています。

課長待遇

あまり多くはありませんが、大きな会社になると部長待遇や課長待遇という役職が存在します。

どんな役職なの?と不思議になりますが、会社によって様々なので一概に言えません。

部長や課長のポストがいっぱいなため一時的に与えられている役職というのが一般的でしょうか。

英語の役職

ニュース番組や経済新聞などでCEOやCOOなどの役職を目にすることが普通になってきました。

これらも会社の中の呼び名であり、会社法や登記上には何も定められていません。

元々はアメリカの法人でつかわれている役職で20年ほど前から外資企業の日本進出や外国人の経営者などが増えるにつれてこのような呼び名が増えてきたように思います。

また海外に進出した企業などもこのような呼称を取り入れている場合も多くなりました。

それぞれの呼び方と役割は以下のようになります。

CEO

CEO(Chief Executive Officer)とは、企業の最高経営責任者のことです。

マイクロソフトのビル・ゲイツや日産のカルロス・ゴーン、グーグルのラリー・ペイジなどの肩書で一般的に知られるようになりました。

統括業務執行役員とも呼ばれ、会社の業務執行を統括する役員のことを指します。

実質的に会社のトップであり、取締役会長や代表取締役社長が該当しますが、必ずしもCEO=代表取締役=社長とは限りません。

COO

COO(Chief Operations Officer)のこと。

企業で事業運営に関する業務執行を統括する役員のことで、CEOと双璧をなす存在のようなものになります。

日本でいえば副社長などがCOOになります。

CFO

CFO(Chief Financial Officer)とは最高財務責任者です。

財務に関する業務執行統括役員で企業の資金調達・運用といった財務面と経理面の最高責任者になります。

日本の役職でいうなら財務部長とか経理部長といったところだと思います。

CAO

CAO(Chief Administrative Officer)最高総務責任者のこと。

総務に関する業務執行統括役員。

日本の役職で言えば、総務部長といったところでしょう。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab