名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社の実印

会社の実印

会社を設立する際、会社の実印(代表者印)を作成し登記申請とともに印鑑届をします。

会社印は株式会社の場合だと、一般的には丸型の印で外周(回文といいます)に会社名、内円(中文といいます)の中に代表取締役印もしくは代表取締役之印と作成します。

しかし実は会社の印鑑に彫る文字、印鑑の型に関しての規定はありません。

一般的には上記のとおり作成しますが、このようにしなくてはいけないというわけではありません。

たとえば角型の印鑑を会社の実印として登録してもよいのです。

また印影に関しても、極端にいえば会社名が異なっていても登録はできてしまいます。

ただし、法律上ではそうでも、あまり慣習にならっていない凝った印鑑だと、何かしらのトラブルになる可能性もありますので一般的な印鑑を作られるほうがよいかと思います。

なお合同会社の場合、会社の実印として届け出する印鑑は、一般的に丸形で、印影には外周に会社名、内円に代表者印、もしくは代表印と入れます。
<スポンサードリンク>


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5989729587411389"
data-ad-slot="3830673357"
data-ad-format="auto">

会社の印鑑の種類

会社の印鑑というとまず会社の実印(代表取締役の印)のことを指します。

代表取締役印は、法務局に届出をする印鑑で、会社の印鑑の中では一番重要なものです。

これは会社の契約などに使う印鑑です。

また会社の印鑑には会社の銀行印があります。

会社の銀行印は、作成しなくてはいけないものではなく、代表者印を兼ねている場合も少なくありません。

しかし、会社の実印と銀行印が同じものだと、紛失や盗難など何かしらのトラブルがあった場合、大変不便なことになります。

できれば別々に作成しておいたほうがいいかと思います。

他には角印があり、角印とは会社名だけを彫った四角い印鑑です。

角印は代表者印と合わせて使われ、社印とも言われ会社の認印のようなものです。

一般的には会社印、角印と呼ばれ通常使う会社の書類、請求書や領収証、見積書などに押印します。

会社の実印の規定

会社の実印は大きさだけ規定があり、次のような条件があります。

・一辺が1cmの正方形からはみ出す大きさであること
・一辺が3cmの正方形に収まる大きさであること

この条件さえ満たしていれば印影も型もどのようなものでもよいのです。

会社の実印というと一般的には丸型で丸印と呼んだりしますが四角い印鑑を届け出ることも可能です。

しかし、契約などで実印を必要とする際、慣例からあまりかけはなれた印鑑では信用されないこともあるかもしれません。

法的には規定がなくても、慣例的には決まり事がありますので、一般的なものを作られた方がよいと思います。
<スポンサードリンク>


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5989729587411389"
data-ad-slot="3830673357"
data-ad-format="auto">

実印の内枠

一般的な会社実印の内枠は以下のとおりに作成します。

株式会社・・・代表取締役印、代表取締役之印

合同会社・・・代表社員之印、代表社員

有限会社・・・代表取締役印、代表取締役之印

会社の印鑑を紛失したら

会社の実印を紛失したら、あらためて法務局に届け出をする必要があります。

設立時に会社の実印の登録をしていますので、改印の届け出をします。

当然印鑑は新たに購入したもので登録します。


お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab