名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社設立の資本金

会社設立の資本金

会社を設立するにあたり準備する必要があるものに資本金があります。

現在の会社法では、資本金は1円以上あれば会社は設立できます。

しかし、会社の資本金は、登記簿謄本にも記載されだれでも見ることができます。

いくら以上という決まりはありませんが、銀行など金融機関で融資を受ける場合、取引先の信用を考えるとあまりに低い資本金額は検討された方がよいと思います。

準備できる現金が少ない場合には、現物出資という方法もあります。

ただし、あまりに高額な資本金も税金やその他の理由からマイナスの部分も発生します。

上限は1000万円までと考えておきましょう。

資本金の払い込み手続きの仕方

資本金の払い込みは、株式会社の場合、定款の認証手続き後、合同会社の場合定款作成後に行います。

方法は、発起人の方(通常は代表取締役になられる方)の通帳を1通用意します。

この時点では、会社はまだ設立できていませんので、発起人の方の個人の通帳でかまいません。

また残高はいくらになっていてもかまいません。

その通帳に、出資される方が全員それぞれの出資金額を振り込みします。

振り込み手続きが完了したら、その通帳をコピーし、払い込み証明書を作成して完了です。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab