名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社設立の助成金・補助金

会社設立の助成金・補助金

助成金とは、国や公的機関からもらえる支援金です。

会社設立には、何かとお金が必要ですので、可能な限り利用したいものです。

しかし助成金や補助金の申請は書類も多く、手続きが複雑であることから敬遠しがちです。

それでも、返済不要でもらえる資金なのですから、専門家に依頼してでも申請する価値はあります。

助成金には大きく分けて厚生労働省によるものと経済産業省によるものがあります。

厚生労働省が扱う助成金は、会社で人を雇用したりする場合など、主に人材に関する助成金です。

経済産業省が扱う助成金は技術開発、研究開発に関する助成金です。(一般的には補助金が多い)

少し大雑把な言い方ですが、事業を始めるにあたり人を雇用する、新しい技術やモノを開発するという

ような会社を設立する場合、助成金や補助金を受けることができるチャンスが多いといえるでしょう。

助成金と補助金の違い

助成金と補助金、明確な区分けはありませんが、多少異なります。

一般的に助成金とは基準を満たしていれば、原則として支給されるものです。

雇用保険料をその財源としている関係から、労働関係の整備、人の雇用などを創出する場合に受けられるものが多いです。

対して補助金は、ほとんどのものが公募というかたちをとり、受付期間などが決まっています。

そして応募されたものから審査をし、その審査を通過したものだけが採択されます。

また通常、補助金は支給後の使途に関し、事業に使ったことを証明する書類が必要になります。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab