名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 個人事業と会社の違い

個人事業と会社の違い

事業を行う場合、大きく分けると会社として始めるか個人事業として始めるかに分かれます。

個人事業と会社の違いをご説明します。

開業手続き

個人…税務署への開業届のみで始めることができます。費用はかかりません。

法人…会社の設立登記及び税務署等への法人設立届等の手続きが必要になります。費用は合同会社で最低6万円、株式会社で20万ほどかかります。(実費のみ)

社会的信用

法人…法務局に行けば、誰でも会社の謄本を見ることができます。

謄本には会社の所在地、資本金、取締役の名前、代表者の住所などが記載されており簡単に会社の情報を知ることができます。

したがって、個人事業に比べて法人のほうが社会的信用度は高いといえます。
また金融機関からの融資や他会社との取引という点でも、法人の方が有利になることは間違いないでしょう。
取引条件の中に法人であることが必須という会社も少なくありません。

個人…財務諸表等の公開義務や資本金といった概念がなく、一般的には社会的信用度を図る指標がありません。
したがって法人に比べ個人事業の社会的信用度は低いとされてます。

税金面でのメリット、デメリット

法人…法人税は様々な優遇政策もあり節税も容易です。また赤字の場合、繰り越せる制度もあります。

しかし、法人の場合、売上が0円でも最低7万円ほどの課税があります。

べて比較的高くなる傾向にあります。

しかし、売上が0円の場合、税金は一切かかりません。

社会保険制度について

個人…国民年金と国民健康保険に加入することになります。

法人…社会保険(厚生年金、健康保険)に加入することになります。
法人と個人は、どちらが得で損とは言えませんが、事業を大きくさせようとすれば、社会的信用もあり税金面でのメリットが大きい法人の方がよいと言えるでしょう。

しかしまずは一人が生活できるレベルで十分といったスモールビジネスであれば、個人事業主の方がメリットがある と思われます。

従業員の求人について

求人については圧倒的に法人が有利です。

社会保険にも加入できますから、個人的な付き合いでもなければ、個人事業を選んで就職しようと思う方はいないでしょう。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab