名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社の事業目的の決め方

会社の事業目的の決め方

会社の事業内容のことを目的といいます。

会社の事業目的を登記する際、数年前までは具体的な記載が必要でした。

しかし、現在では、会社の事業目的に関する記載に求められていた要件が緩和されたので、今までより大まかな表現で登記することができます。

ただし、介護事業や運送業、建設業など許認可が必要な事業を行う場合、許認可の申請の要件に定款にその事業を行うことが具体的に記載されていなければならないものもあり、注意が必要です。

また会社は、定款に事業目的として書いてある事業しか行うことができません。

そのため定款に記載していない事業を始めたい場合には、定款を変更して、目的変更の登記が必要になります。

そこで、将来する予定のある事業は、事業目的に最初から入れておく方がよいでしょう。

許認可を申請する際、定款にその事業を行うことを具体的に記載しておくことが必要なものには、次のようなものがあります。

・建設業
・産業廃棄物収集運搬業許可
・介護事業
・中古車、中古品などの販売やリサイクルショップの経営など(古物商許可)
・運送業

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab