名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社設立用語集

会社設立用語集

株式会社(かぶしきがいしゃ)

株式会社とは、株式を有する株主から資金を調達して経営者(取締役)が事業を行う法人格を有する企業形態。

合同会社(ごうどうがいしゃ)

合同会社とは、原則として出資した者がそのまま会社の事業を執行する法人格を有する企業形態。

発起人(ほっきにん)

発起人とは株式会社の設立を企画し、会社設立の事務を行う者。

資本金(しほんきん)

株主となる者がその会社に対して払い込みまたは給付をした財産の額。
合同会社の場合は、出資者(=社員)が会社設立時に出資した額。

社員(しゃいん)

一般的に社員というと会社員(従業員)のことですが、会社法や民放でいう社員とは、法人や合同会社の構成員のことをいいます。

商号(しょうごう)

会社や法人の名前。設立時や変更をするときには登記が必要です。

目的(もくてき)

会社の事業内容のこと。定款に記載し、登記事項であり原則として会社は記載された目的以外の事業を行うことはできません。

事業年度(じぎょうねんど)

会社が決算をするために設けた一定の期間。 通常1年ですが、1年以下にすることも可能。

大会社(だいがいしゃ)

資本金の額が5億円以上または負債総額が200億円以上の会社

取締役設置会社(とりしまりやくせっちがいしゃ)

取締役会を置く株式会社又は会社法の規定により取締役会を置かなければならない株式会社

会社設立日(かいしゃせつりつび)

会社の設立日は、設立登記が完了したときではなく、設立登記を申請したときになります。

ちなみに登記申請書類に不備があり、法務局から補正を命じられてもこの設立日(申請日)は変わりません。

また会社設立日は、謄本にも記載されだれでも会社の設立日を調べることができます。

代表取締役(だいひょうとりしまりやく)

代表権をもった取締役のこと。
取締役1名の場合は、その方が代表取締役となります。

原始定款(げんしていかん)

会社の設立に際して発起人又は社員が作成する一番最初の定款のことをいいます。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab