名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 有限会社とは

有限会社とは

平成18年5月1日に改正会社法が施行され、有限会社は新しく設立できなくなりました。

現在、有限会社を経営している場合、株式会社に変更するべきなのでしょうか。

有限会社でいるメリットには次のようなものがあります。

有限会社の商号はそのまま使用できる

法律上は「特例有限会社」という扱いになります。 

商号の使用はそのまま認められていて引き続き有限会社○○という名前で営業ができます。

したがって看板、印刷物、名刺などはそのまま永続的に使用できます。

 

決算広告が不要

有限会社法で認められたメリットが原則としてそのまま生かされています。

 

役員の任期が無い

役員の任期が無いのも有限会社法で認められたメリットが原則としてそのまま生かされています。

 

 

この他に社歴が長いことが一見してわかるといったメリットもあるのではないでしょうか。

平成18年から新しく有限会社が設立できなくなったわけですから、現在存在する有限会社は全てそれ以前から経営をしていることになりますので、つい最近できたばかりの会社ではないということは誰が見てもわかります。

 

有限会社のデメリット

対してデメリットは、

1.株主間の株式の譲渡に制限がある

2.有限会社を存続会社とする吸収合併は出来ないなど組織再編行為の限定があります。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab