名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社にかかる税金

会社にかかる税金

会社を設立すると様々な税金がかかります。

会社を設立し、仮に利益が全く上がらなかったとしても(赤字だったとしても)必ずかかる税金が法人住民税(都道府県税・市区町村税)です。

会社を設立すると毎年、最低7万円ほど費用がかかるというのはご存知の方が多いのではないでしょうか。

実はこの7万円と言うのは会社の規模や資本金が1000万円以下で従業員50人以下の会社にかかる最低の金額ですが、多くの会社に当てはまるかと思います。

ちなみに合同会社だけではなく、株式会社や一般社団法人、NPO法人など全ての法人に同じように法人住民税はかかります。

(ただしNPO法人などは減免の制度があります)

現在会社設立は、少ない費用で設立できメリットも多いですが、売上、利益などをよく考慮し、法人化を検討しましょう。

会社が納めなくてはいけない主な税金

法人税

法人税とは会社の所得にかかる税金です。

法人税は個人事業でいえば所得税にあたるもので、会社の所得金額に課税されます。

法人税は、申告納税方式がとられていて、決算が終了したら自分(または税理士)で納税額を計算し、申告した後、納める必要があります。

なお、法人税は国税(国に納める税金)になります。

法人住民税

法人住民税とは、その名のとおり法人が納める住民税です。

法人住民税は、大きく2つに分かれており、法人県民税(都道府県税)と法人市民税(市町村税)があります。

年度ごとに多少税率は異なりますが、名古屋市にある会社の場合、法人県民税が概ね2万円ほど、法人市民税が5万円ほどです。

よく会社を設立すると売り上げがあっても無くても、必ずかかる税金が年間7万円ほどといいますが、それはこの法人住民税で仮に会社の売上が全くなかったとしても必ず支払う必要がある税金です。

法人住民税も法人税と同じように、決算終了後に申告しなくてはいけません。

名古屋市に所在地をおく会社の法人住民税の申告書の提出先は、以下になります。

名古屋市の県税事務所

名古屋市内の法人県民税の申告先

管轄 名称 所在地
東区 千種区 中区 名東区 名古屋東部県税事務所 名古屋市中区新栄町2-9

スカイオアシス栄内

北区 西区 守山区 清須市

北名古屋市 西春日井郡

名古屋北部県税事務所 名古屋市西区城西1-9-2
中川区 中村区 港区 名古屋西部県税事務所 名古屋市中川区中郷1-3
昭和区 瑞穂区 熱田区 南区 緑区

天白区 豊明市日進市 長久手市 愛知郡

名古屋西部県税事務所 名古屋市中川区中郷1-3

名古屋市の市税事務所

名古屋市の法人市民税の申告先

管轄 名称 所在地
千種区 東区 北区 中区 守山区 名東区 栄市税事務所

市民税課 法人市民税係

名古屋市東区東桜1-13-3

(NHK名古屋放送センタービル8階)

西区 中村区 中川区 港区 ささしま市税事務所

市民税課 法人市民税係

名古屋市中村区名駅南1-27-2

(日本生命笹島ビル8階)

昭和区 瑞穂区 熱田区 南区 緑区 天白区 金山市税事務所

市民税課 法人市民税係

名古屋市中区正木3-5-33

(名鉄正木第一ビル)

法人事業税

全ての事業者に対して課される税金です。

事業税は損金算入が認められていて、事業税を納めると必要経費などを払った状態と同様のことになり、翌年の法人税や住民税が安くなります。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab