名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社の商号

会社の商号

会社を設立するときに、一番最初に決めていただくのが会社名です。

この会社の名前を会社の「商号」といいます。

会社の商号には、その種類に従い、商号中に株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の文字を用いなければいけません。

一般的には、株式会社○○とか□□合同会社とかその前後に、名前をつけます。

なお株式会社や合同会社を中心に入れることも法律上は問題なく、少数ですが実例もあります。

ローマ字は会社名に使えるの?

平成14年の商業登記規則等の改正により、商号の登記については、それまでできなかったローマ字その他の符号を用いることができるようになりました。

商号の登記に使える符号には次のものがあります。

(1)ローマ字(大文字及び小文字)

(2)アラビヤ数字

(3) 「&」(アンパサンド)、「’」(アポストロフィー)、「,」(コンマ)、「-」(ハイフン)、「.」(ピリオド)、「・」(中点)

またローマ字と日本文字との組み合わせも自由ですし、大文字、小文字どちらを使用してもかまいません。

同じ住所で同じ商号の会社は設立できる?

現在の会社法では、同一の住所に同じ商号の会社ではない限り登記をすることが可能です。

しかし、同じ業種、同じ商号の会社が近隣にあれば、トラブルにならないとも限りません。

そのため商号調査は、必ずしておきましょう。

またトヨタやソニーなど有名企業の商号は使用できません。

不正な目的をもって類似した商号を使用すれば、不正競争防止法など他の法律の規定にも抵触します。

名古屋では、名古屋法務局の3Fに、管内の商号を調べることができるコンピューター端末があります。

商号に使えない文字

商号の末尾に「支店」、「支社」、「出張所」など会社の一部門を示すような文字を付けることはできません。

商号にスペース(空白)は使用できる?

会社の商号にはローマ字を使用することができます。

このとき複数の単語を用いた商号の場合、単語の間を区切るためにスペース(空白)を用いることができます。

たとえば、株式会社Hikari Consultant といったような感じです。

ただし、空白を用いるには商号がローマ字の場合と限られています。

したがって通常の漢字やひらがな、カタカナの商号の場合、スペース(空白)を用いることはできませんのでご注意ください。

またカタカナとローマ字の組み合わせでも、スペースは使えません。

商号に@は使用できる?

会社の商号に@を使用することはできません。

数字だけの商号はOK?

数字だけの商号も問題ありません。

「株式会社111」なども大丈夫です。

公序良俗に反するような商号は使えません

会社の商号に公序良俗に反する商号は使えません。

公序良俗とは、公の秩序、善良の風俗の略語で、公序良俗に反する商号について具体的な文言は法律に規定されていませんが、反社会的な文言やわいせつな文言などは商号に使用できないと考えた方がいいでしょう。

会社名の読み方

会社名の読み方について特別な制限はありません。

会社設立の登記事項に商号の読み方について記載する欄もありません。

たとえば「株式会社 名古屋」という会社を設立し、「かぶしきがいしゃ あいち」と呼ばせてもよいのです。

上記は極端な例ですが、通常の読み方とあまり異なる呼称にされると、思わぬトラブルを招きかねません。

呼びやすく、親しみやすく、どのような事業を行っている会社なのか、誰が見てもよくわかる会社名の方がビジネスにはプラスになるのではないでしょうか。

前株と後株のどちらがいい?

会社の商号には、必ず株式会社、合同会社の文字をつけなくてはいけません。

株式会社の場合、よく「前株」「後株」と呼んだりしますが、これは会社名の前後どちらに株式会社とあるのかということです。

初めて会社設立を考え、会社名を決めるとき、少し悩まれるのが後株にするか、前株にするかではないでしょうか。

弊所に設立のご依頼のお客様にも、時々尋ねられますが、特に何の制限もありません。

お決めになった会社名と、前後でどちらが語呂がいいかでご検討されればよいかと思います。

余談ですが、歴史のある上場会社などは、比較的後株が多く、新しい会社は前株が多いようです。

また三菱商事などの財閥系も後株がほとんどです。

そのため、上場会社というのは後株であるというお話を聞いたことがありますが、全く関係ありません。

おそらく、上場会社の多くは、昭和初期に創業された会社で、当時は後株が多かったのではないかと思われます。

会社名の決め方

弊所にご依頼いただくお客様で、会社名だけが決まっていないという方が少数ですがいらっしゃいます。

これから新しい事業を始める大事な大事な会社名です。

いろいろな思いもあるでしょう。

悩めば悩むほど決まらないというお気持ちはよくわかります。

私の個人的な意見ですが、簡潔でわかりやすく、どんな事業をしているのか、誰にでも覚えてもらいやすい会社名が一番重要ではないかと思います。

また会社を設立したらおそらく会社のホームページの作成も検討されるかと思います。

その際、ドメインが取得できるかも調べておいた方がよいのではないでしょうか。

ドメインの登録は、次のようなページから調べることができます。

ドメイン検索

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab