名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 電子定款とは

電子定款とは

定款とは、会社などの組織活動の根本規則を定めたものです。

株式会社は、定款を作成したら公証人役場で認証を受けます。(合同会社は認証手続きは不要です)

以前、この定款は紙ベースで認証手続きをしていたのですが、現在は電子文書(PDF文書)も認められるようになりました。

電子定款は印紙代が不要

紙ベースの定款の場合、収入印紙4万円が必要ですが電子定款では不要になります。

会社設立手続きで定款を作る際、印紙税を支払わなくてはいけません。

印紙税とは、経済的取引などに関連して作成される文書などに課税される税金のことです。

しかし、電子文書は、紙ではないため、印紙税の対象にならないとされています。

したがって電子定款は印紙税4万円分がお得になるのです。

電子定款の作成

電子定款は自分で作成することも可能ですが、専用ソフトなどを購入する必要があり、また電子証明書発行などの手続も手間がかかります。

したがって、会社設立手続きはご自分で手続きするより、専門家に依頼した方が設立費用が安く済む場合があります。

費用はともかくとして、参考までに方法を知りたい方のために電子定款の作成方法を下記に載せておきます。

電子定款作成に必要なもの

  • PDF変換ソフト・・・アドビ製のアクロバットが一般的で一番使い勝手が良いですが、無料の変換ソフトで使えるものもあります。
  • 電子証明書・・・発行機関によっていくつかの種類があります。公的個人認証サービスであれば、市区町村で発行され、費用も500円で済みます。ただし別にICカードリーダーが必要です。

電子定款作成の手順

まずワードなどで紙ベースの定款の原案を作成します。

原案ができたら公証役場で認証の事前チェックをしてもらいます。

チェックが完了したら、ワードファイルからPDFに変換し、そのファイルに電子署名をします。

これで電子定款の完成です。

電子認証手続き

電子定款を作成したら株式会社の場合、公証役場で認証手続きをします。

定款の電子認証は、法務省のオンライン申請システムで行います。

オンラインで行いますが、受け取りに行く必要があるため、最低1回は公証役場へ行く必要があります。

電子定款作成で会社設立費用を節約

上記でご説明したとおり、電子定款を作成すれば会社設立費用を安く抑えることができます。

しかし、ご自分で電子定款を作成しては、かえって高くついてしまったり、大変な手間がかかります。

会社設立手続きは、費用を抑える為に自分で行うという方は電子定款の作成だけ専門家に依頼されるのはいかがでしょう。

弊所では、電子定款作成のみのプランも承っております。

ぜひ、ご相談ください。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab