名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社設立 まず何をしたらいいのか

会社設立 まず何をしたらいいのか

初めての会社設立。

設立書類の作成、定款の認証や登記は行政書士や司法書士に依頼するにしても、その前に何をしたらいいのか。

弊所にお電話いただけましたら、いつでもご相談を承りますがここでも簡単にご説明します。

会社の名前を決める

会社の名前のことを会社の商号といいます。

まずは会社の商号を決めます。

ひらがな、ローマ字、漢字などほとんどの文字は使用できます。

資本金を決める

設立する会社の資本金を決めます。

でも初めての会社設立では、いくらくらいの資本金にしたらいいか悩まれるかもしれません。

ご存知のように、現在の会社法では資本金は1円でも設立できますが、資本金1円の会社は現実的ではありません。

始める事業によって様々ですが、弊所にご依頼いただく中で一番多いのが、株式会社で50万円から300万円くらいまで、合同会社で30万円から200万円くらいでしょうか。

なお資本金は、通帳に記載したら会社の運営にすぐ使うことができます。

会社の住所を決める

会社の住所といっても必ずしも会社の事務所を置くところではありません。

この場合の会社の住所とは会社の登記上の住所で本店所在地といいます。

実際の会社の業務を行うところとは別の場所でもかまいません。

事業用の物件を賃貸する場合、法人で契約してほしいと大家さんから言われる場合もありますので、ご自宅を本店所在地として事業を行う場所をこれから探すというのもひとつの方法です。

印鑑証明書を準備する

会社を設立するのにご準備いただくものは、印鑑証明書だけです。

どんな事業を会社で行うか決める

介護事業をしたいのか、車の販売をしたいのか、今までにない新しい事業を行いたいのかを決めます。

定款に記載する事業目的を決めていただくのですが、必ずしも会社を設立したら記載した事業を行わなくてはいけないわけではありませんので、将来行う予定の事業、行いたい事業も考えておくとよいでしょう。

上記の他に、公告方法や発行可能株式総数、1株の金額などを決めなくてはいけませんが、相談しながら決めていけばよいかと思います。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab