名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社で計上できる経費

会社で計上できる経費

会社を設立し、気になることのひとつに経費の計上があります。

弊所で会社設立をご依頼いただくお客様から会社を設立するために使ったお金は、経費として計上できるのでしょうかというご質問をいただきますが、これはもちろん経費として計上できます。

会社設立時にかかった費用は創立費

会社を設立し、さてこれからは領収書をきちんともらうようにしなくてはというお話を聞いたことがありますが、会社を興す前に使った設立のための費用も経費で計上することができます。

会社設立にかかる費用として、定款の認証手数料や登録免許税はもちろんのこと我々専門家に支払った報酬も創立費として経費に含めることができます。

また、事業を行うために購入したもの、会社設立事務にかかる費用などはすべて経費に計上できますので、会社設立前から領収書などはきちんと保管しておきましょう。

会社の経費は何が計上できる?

「これって経費?」

なかなか難しい質問ですが、原則として事業のために使ったお金は全て経費として計上できます。

たとえば、取引先と喫茶店で打ち合わせをした、お客さんと飲食をしたなどもすべて必要経費です。

会社を設立すると経費として認められる範囲は広くなり、個人事業より多少融通がきくようになります。

しかし、何でも自分流に解釈し、売上に見合わない多額の経費は経営上も好ましくないので注意しましょう。

創立費や開業費は任意で償却できる

創立費、開業費とも、5年で均等に償却する方法と任意償却があり、どちらかを選択します。

任意償却にすると、開業した年に全額経費にしたり、償却期間、償却額を任意に設定して必要経費にすることができます。

たとえば開業初年度は利益が少なかったので、開業費を必要経費に計上せず、翌年からようやく利益が出始めたので開業費を全額必要経費にするといったことも可能です。

高額な備品は固定資産

会社設立時に購入したもので、事業に必要なものであっても開業費や創立費に含められないものもあります。

車やパソコンなど高額なものは固定資産となり、それぞれ定められた法定耐用年数によって、各年度に経費として計上する必要があります。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab