名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 未成年でも会社を設立することができる?

未成年でも会社を設立することができる?

未成年者でも会社を設立することができるでしょうか。

弊所でも過去に事例があります。

未成年者でも発起人となり、会社を設立することは、可能です。

ただし、親権者の同意書が必要になります。

未成年の会社設立には親権者の同意書が必要

親権者が父母双方になる場合の同意書には、父母二人の実印の押印が必要になります。

また、親権者の印鑑証明書も必要です。

未成年者が会社設立をする場合の必要書類

未成年者が発起人となり、会社を設立する場合、以下の書類が必要になります。

・未成年者本人の印鑑証明書

・親権者の同意書(親権者が両親の場合、二人の捺印が必要)

・親権者の印鑑証明書

・戸籍謄本

未成年者の取締役

未成年者の取締役も発起人と同様に上記の書類が必要になります。

なお取締役設置会社の場合、印鑑証明書は必要ありません。

15歳未満は会社を設立することができない

会社の取締役になることができる規定は、会社法に定められていますが、年齢に関しての制限はありません。

しかし、会社を設立するには、発起人の印鑑証明書が必要です。

この印鑑証明書は、15歳未満は取得することができないため、必然的に15歳未満は会社を設立することができません。

未成年が代表取締役の会社が許認可を取得できる?

産業廃棄物収集運搬業許可など許認可を個人で取得する場合、未成年者は法定代理人が必要になります。

しかし、未成年者が代表取締役の会社で許認可を取得する場合、法定代理人は不要です。

これは、あくまで許認可を取得するのは法人であって、その法人の取締役が未成年であることは関係がないからです。

また同じように、未成年の個人が取得できない古物商も法人にすることにより、未成年でも取得できるようになります。

ただし、これは法律の上でのお話です。

実際は、都道府県の窓口や警察で、なぜ未成年がそのような許可を取得するのか、明確な理由を求められたりしますので申請は容易ではないでしょう。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab