名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

会社を設立するとどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ここでは設立にかかる実費などを中心にご説明いたします。

株式会社設立にかかる費用

株式会社を設立するには、合計25万円ほどの費用がかかります。

内訳は次のとおりです。

登録免許税・・・150,000円

登記の際、法務局へ支払う費用です。

印紙を購入し、登記申請書に貼り付けして納めます。

定款認証手数料・・・50,000円(+約2,000円)

公証役場へ支払う手数料です。

定款認証の手続きの際、公証人に現金で支払います。

そのほかに定款の用紙代などが2,000円ほどかかります。

印紙代・・・40,000円

印紙税法により、定款は課税文書とされています。

公証役場で認証手続きの際、定款に印紙を貼り付けすることで納めます。

ただし、電子定款を使用すればこの印紙代は不要になります。

電子定款とは?

合同会社設立にかかる費用

合同会社設立にかかる実費などの費用の合計は10万円ほどで内訳は次のとおりです。

登録免許税・・・60,000円

登記申請のとき、法務局へ印紙を購入することで納めます。

印紙代・・・40,000円

合同会社の定款も株式会社と同じく課税文書です。

したがって定款を作成したときは、印紙税法に定められている額の印紙を貼らなければいけません。

ただし、電子定款を作成した場合は、この印紙代は不要です。

会社の謄本・印鑑証明書などにかかる費用

会社の設立登記が完了したら、事業開始届や会社の銀行口座開設に使用する会社の登記簿謄本、印鑑証明書などが最低部数必要になります。

謄本は600円、印鑑証明書は500円の費用がかかります。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab