名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 役員報酬について

役員報酬について

新しい事業を始め、会社を設立すると役員である自分の給料を決めなくてはいけません。

この役員の給料のことを役員報酬といい、ここではこの役員報酬についてご説明いたします。

役員報酬とは

前述したとおり、役員報酬とは会社の役員(取締役、監査役)などに支払う給与のことで、賞与及び退職給与以外のものをいいます。

役員報酬は原則として1年間金額が固定されており、期の途中で金額を改定することができません。

したがって、役員報酬の額は慎重に決定する必要があります。

役員報酬の決め方

役員報酬の額は1年の売上と利益を予想して決定します。

税法では役員報酬は、原則として経費にできません。

したがって役員報酬を増やせば会社の利益が下がりますが、法人税の支払いは少なくなりません。

役員報酬は会社の利益、個人の利益のバランスで決めなくてはいけないので、綿密な売り上げ予測(損益予測)を立てる必要があります。

役員報酬を決める時期

役員報酬を決める時期は、期首の3か月となっています。

役員報酬は株主総会で決定し、この株主総会の議事録は保管しておく必要があります。

役員報酬を変更するには

役員報酬は原則として増額、減額などの変更はできませんが、業績が悪くなった場合などやむを得ない事由があるときは変更することができます。

役員報酬の変更をするには、臨時株主総会で決定する必要があります。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab