名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識 » 外国人の会社設立が以前より容易になりました。

外国人の会社設立が以前より容易になりました。

平成27年4月、入管法が一部改正され、から在留資格「投資・経営」が「経営・管理」に変わりました。

この改正により、これまでの外国資本との結びつきの要件がなくなったため、就労ビザをもたない外国人の会社設立が以前より容易になりました。

経営・管理ビザを申請するには、以下のような書類が必要ですが、日本で会社を設立し経営を行う内容が明確になっていれば、問題なく準備できる書類ではないかと思います。

  • 会社の定款及び謄本
  • 役員の略歴書
  • 事務所物件を借りている場合、賃貸契約書の写し
  • 雇用する従業員の賃金支払いに関する文書、住民票など
  • その他 入国管理局が要求する書類

    海外在住のまま日本で会社設立ができる

    以前は海外に在住したまま(日本に住所が無い)、日本国内で会社を設立することはできませんでした。

    しかし、現在は一定の要件を整えれば、日本で会社設立をすることができるようになりました。

    資本金の払い込み方法

    日本に居住していない場合、日本の銀行に口座をつくることができません。

    銀行は、銀行口座を開設するには、日本に住所があることを口座開設の条件として求めているからです。

    日本で会社設立をするには、資本金の払い込み手続きを日本の銀行にする必要があります。

    しかし、現在日本に銀行口座が無くても、いくつかの方法で資本金の払い込み手続きをすることが可能になりました。

    お問い合わせはこちら

    行政書士ひかりコンサルタント事務所
    愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
    エステイト大曽根2A

    TEL:052-618-6346
    FAX:052-618-6347
    MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
    営業時間:9:00~23:00 年中無休

    powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab