名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 株式会社の設立 » 株式会社設立の条件

株式会社設立の条件

以前の会社法では、株式会社を設立するにはいくつかの条件をクリアする必要がありました。

たとえば出資者の数は、1人以上、最低資本金1000万円、取締役は3人以上などの条件を満たす必要があり簡単には株式会社を設立することはできませんでした。

しかし、新しくなった会社法では、資本金は1円以上、取締役は1人以上で株式会社を設立することができ、極端に言えば誰でも簡単に株式会社を設立することができます。

このため個人で独立開業する際、取引先などの信用を得る為に株式会社を設立するという方法も考えられるでしょう。

ここでは、現在の会社法の株式会社設立の条件をご説明します。

 

株式会社の役員

現在の会社法では、株式会社の取締役は1人でかまいません。

この取締役は、そのまま代表取締役になることができますので、一人で会社を設立することができます。

なお従業員の数は、設立条件とは関係ありません。

 

株式会社の最低資本金

すでに周知されてきましたが、現在の会社法では株式会社の資本金は1円から設立できるようになりました。

また資本金の払い込み証明も、以前は金融機関が発行する「払込金保管証明」が必要でしたが、現在は払い込みをした金融機関の通帳のコピーでよくなりました。

 

株式会社の取締役の任期

株式会社の取締役の任期は最長2年でした。

したがって2年ごとに登記変更(重任登記)をする必要があり、手間と費用がかかりましたが現在の任期は10年以内になりました。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab