名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 株式会社の設立 » 株式会社の定款の記載事項

株式会社の定款の記載事項

株式会社の定款には、必ず記載しなくてはいけない事項があります。

これを絶対的記載事項といいます。

絶対的記載事項には次のものがあります。

目的

会社の事業目的を記載します。

 

商号

商号とは、会社の名称です。
商号中には「株式会社」という文字を用いなければなりません。
一般的には前後につけますが稀に会社名称の中に株式会社を入れている会社もあります。

 

本店所在地

最小行政区画である市区町村(名古屋市においては名古屋市まで)までを記載しなければなりません。

 

設立に際して出資される財産の価額又はその最低額  

株数ではなく、出資財産額又は最低額を記載します。

 

発起人の氏名又は名称及び住所  

発起人の氏名又は名称、住所を記載します。

 

発行可能株式総数

設立時発行可能株式総数は、非公開会社の場合を除き、発行可能株式総数の4分の1を下回ることはできません

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab