名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 株式会社の設立 » 株主とは

株主とは

株主とは、株式の所有者であり株式会社の実質的所有者といえます。

株主は債権者に対して、直接的には責任を負いませんが、出資額に応じて間接的に有限責任を負います。

株式譲渡の自由

株主は、株式を自由に譲渡することができます。

ただし、株式の譲渡には数多くの例外があります。

現在の会社法では、株式会社が株券を発行しないのが原則です。

株式を発行しない会社において株式の譲渡は当事者の意思表示のみによって行うことができます。

株主名簿とは

株主名簿とは株式会社が作成し備える必要がある帳簿、または電磁的記録のことです。

株主名簿には、株主の氏名または名称(株主には個人だけでなく法人もなることができます)、保有する株式の総数、株式を取得した日が記載されます。

株式会社は、株主名簿を本店に備えおいておかなければいけません。

株主総会とは

株主総会とは、株式会社の実質的経営者である株主全員で構成された会社の意思を決定する機関です。

毎事業年度終了後に召集される株主総会を定時株主総会といい、必要がある場合、臨時で召集する株主総会を臨時株主総会といいます。

平成17年以前の会社法では、株主総会を行う場所は株式会社の本店所在地と決められていましたが、現在では規制が無くなったため、本店所在地以外の場所で開催することもできるようになりました。

株主総会の権限

株主総会の権限は、取締役会を設置している株式会社か、設置していない株式会社かによって多少異なります。

取締役会がない株式会社の株主総会は、株式会社のすべての事項について決議できます。

対して取締役会が設置された株式会社の株主総会は、会社法や定款で定められた、会社の基本的事項のみ決議することができます。

株主総会の議事運営と決議

株主総会は通常、定款に定められた議長によって運営が進められます。

通常、株主総会の議題及び議案は会社で準備し提出されますが、一定の要件を満たす株主から提案することもできます。

株主は株主総会における質問権をもっています。

株式会社の取締役、会計参与、監査役などは、株主総会で、株主から特定の事項について説明を求められた場合、その事項について説明をする必要があります。

株主総会のスケジュール

一般的な株主総会のスケジュールは次のようになっています。

1.議長の就任宣言

2.開会宣言

3.株主数及び議決権数の報告

4.監査報告

5.決議事項に関する説明

6.質問、審議、採決

7.閉会宣言

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab