名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 株式会社の設立 » 定款の再発行

定款の再発行

会社を設立した当初は、税務署、銀行など様々な届出、申請に定款のコピーが必要です。

しかし、会社を設立して数年経つと定款のコピーを提出する機会も少なくなり、どこへしまいこんだのかわからなくなることも少なくありません。

ここでは定款を紛失した場合の再発行、再作成の仕方をご説明致します。

電子定款で認証を受けた場合

行政書士や司法書士に定款の認証手続きを依頼している場合、定款を再発行してもらうのは非常に簡単です。

行政書士や司法書士は、法務省のオンラインシステムで定款の電子定款認証手続きを行っていますので同一情報の提供の請求という手続きをするだけで定款の再発行ができます。

ただし、この方法は会社設立時に認証手続きを行った行政書士や司法書士にしかできません。

 

紙ベースの定款認証手続きをした場合

紙ベースの定款認証手続きをした場合は、まず手続きを行った公証役場に確認してみましょう。

原則として認証後20年を経過していなければ公証役場にデータが保存してあります。

 

定款の再作成

定款の認証後、長期間を経過している、もしくはどこの公証役場で認証手続きをしたのかわからない場合、定款の再作成をする必要があります。

この場合、最新の謄本を元に作成します。

弊所でも定款の再作成を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

会社の印鑑カードを紛失した場合

会社の定款と合わせ会社の印鑑カードも紛失してしまった場合。

会社の印鑑カードは法務局で再発行してもらえます。

あらためて印鑑カードを発行する場合は、紛失(又は破損)したカードについて「印鑑カード廃止届書」を提出し、あわせて新たにカードを発行するための「印鑑カード交付申請書」を提出します。

法務局で定款の閲覧は可能 

会社の設立登記の申請をした際、原子定款(最初に作成した定款)は2部あり、1部は手元に1部は法務局に提出しています。

手続きをすれば、この法務局に提出した定款を閲覧することができますが、登記申請書や定款などその附属書類は、正当な理由が無いかぎり、誰でも閲覧できるわけではありません。

また登記申請書及びその附属書類の保存期間は5年となっていますので、保存期間を経過したものは廃棄されている場合があり閲覧できないこともあります。

なお請求は閲覧のみでコピーなどをすることはできません。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab