名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 合同会社の設立 » 合同会社設立の手順

合同会社設立の手順

合同会社設立の手順をご説明します。

合同会社は株式会社と違い、定款の認証手続きがありません。

そのため早ければ2、3日、通常でも1週間ほどで設立が完了します。

会社の概要を決める

会社の商号、事業目的、役員、資本金、本店所在地などを決めます。

 

商号調査をする

会社の商号とは、設立登記をしたい会社の名前のことです。

会社の商号の決め方には、一定のルールがありますので確認しておきましょう。

会社の商号

会社の商号を決定したら会社の実印の手配をします。

この会社の実印は、会社設立の登記申請に必要ですので早めに準備しておきましょう。

合同会社の実印の印影に特別な決まりはありませんが、一般的には外周に会社名(合同会社○○)、内円に代表社員之印と作成します。

 

定款を作成する

定款とは会社の会社の基本規則を定めたものです。

合同会社の定款ひな形はこちら

電子定款を作成すれば印紙代を節約することができます。

⇒電子定款とは

 

資本金の払い込みをする

定款に定めた資本金の払い込み手続きをします。

この時点でまだ新しく設立する会社の銀行口座などはありませんので、会社の代表者になられる方の個人の通帳に資本金の払い込みをします。

払い込みが完了したら通帳のコピーをとり、払い込み証明書を作成します。

 

登記申請書類を作成する

登記申請書類には次のようなものがあります。

・合同会社登記申請書

・払い込み証明書

・本店所在地、代表社員及び資本金決定書

・就任承諾書

 

また合同会社の設立登記申請には以下のものも必要になります。

・代表社員の印鑑証明書

・印鑑届出書

・印鑑カード交付申請書

・OCR用紙

・電子定款の場合、電子データを格納したCDなど

・登録免許税60,000円(登記申請の際、印紙を購入し登記申請書又は台紙に貼付します)

 

登記申請をする

 愛知県の場合、現在株式会社や合同会社設立登記の申請をできるのは、名古屋法務局の本局(名古屋市中区三の丸2-2-1)と岡崎支局(岡崎市羽根町字北乾地50-1)だけです。

名古屋の本局の場合、合同庁舎3Fにある法人登記部門の窓口に登記申請をします。

そしてこの登記申請日が会社の設立日になります。

 

合同会社の設立登記が完了したら

通常、設立登記申請から1週間ほどで登記が完了します。

法務局から特に連絡や通知はありません。

登記申請日にだいたい何日に完了しているか教えてくれますので、何もなければそれ以降の日にちに法務局へ行き

印鑑カードなどを受け取ります。

この際、謄本、印鑑証明書などをとっておくとよいでしょう。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab