名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 合同会社の設立 » 合同会社のデメリット

合同会社のデメリット

合同会社のデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

合同会社は株式会社に比べ小規模で零細なイメージがあるため信用が得られにくい場合があると考えられます。

これは、取引先などに対してや従業員を広く募集する場合です。

しかし、もともと合同会社であることを理解したうえで、取引をしている場合、また特に従業員を雇う必要がない、縁故などの者しか採用する予定がないなどの場合、これらのデメリットはほとんど無いといえるでしょう。

他には上場することができないなどのデメリットはありますが、店頭公開を目指し会社を設立するのでなければ、これもデメリットとにはなりません。

今後、合同会社の設立はさらに増える傾向があり、合同会社の認知度がさらに高まれば、これらのデメリットはほとんど感じられなくなるのではないでしょうか。

⇒合同会社のメリットは

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab