名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 合同会社の設立 » FXの合同会社設立

FXの合同会社設立

FX(外国為替証拠金取引)をされている方の法人化、会社設立のご相談が多くなってきています。

FXの合同会社設立にはどんなメリットがあるのでしょうか。

合同会社は手続きも簡単で設立費用も安く、FXで得ている利益が大きくなってきたら検討してみるべきでしょう。

FXで合同会社を設立するメリット

個人事業での業務を合わせて通算できます

現在、他に事業を行っておりFXをされる場合は、赤字を出したら現在の事業の収益から引くことができます。

対して個人の雑所得の場合、FXならFXの投資の中でしか引くことができません。

青色欠損金を9年間控除できます

欠損金の繰越控除とは、青色申告法人の特典です。

これは赤字の申告をした欠損金を9年の間に繰越することができる制度です。

個人事業の場合3年ですが、会社であれば9年繰越できます。

費用処理できる経費の範囲が増えます

親族を役員にするなどすれば、役員報酬を払うことによって所得の分散ができます。

減価償却費の計上が任意でできます

減価償却費とは、30万円以上の資産を買った場合、長期の使用に耐える物について行われる経費処理の手続きです。

個人の場合、減価償却は強制されており、計算しなければならない事になっています。

しかし、会社の場合、償却をするしないは選択することができます。

減価償却費を計上しないのはどういうことなのか。

一例をあげると銀行からの借り入れがあり、赤字にしたくなかったり、またはできる限り赤字の金額を少なくしたい場合などがあります。

FXの会社設立の注意点

FX事業の定款記載事項

FX事業で会社設立をする場合、定款の事業目的には「外国為替証拠金取引業務」と記載するのが一般的です。

また関連する事業として「国内外の株式、ファンドへの投融資」やそれらのコンサルティング業務を記載しておくとよいかと思います。

なおFXという言葉は一般的で広く周知されていると思いがちですが、FXという単語が抽象的で単に「FX事業」として定款に記載すると公証役場、法務局で認められない場合もありますので注意が必要です。

FX事業会社の資本金の額

FX投資会社の事業を行う会社の資本金の額はいくらでもかまいませんが、FX業者の中には最低資本金の制限があるところもあります。

ご自分が法人口座を開設するFX業者の口座開設条件をよく確認のうえ資本金額を決めましょう。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab