名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 合同会社の設立 » 合名会社や合資会社との違い

合名会社や合資会社との違い

合同会社、合名会社、合資会社といった持分会社はどの形態でも所有と経営が一体となっている組織です。

これらの会社は業務を執行する社員を中心とした会社ですが、合同会社は、他の2つの会社と違い異なる点があります。

合名会社と合同会社の違い

合名会社は合同会社と違い、社員の全てが無限責任社員です。

無限責任というのは、会社が負っている債務は、全て履行する義務を負います。

対して合同会社は、有限責任です。

したがって合同会社は合名会社と違い、社員個人の財産を会社の債務履行のために投じる義務を負いません。

 

合資会社と合同会社の違い

合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員で構成された会社です。

合資会社の場合も合名会社と同様に、無限責任社員は会社の債務履行のリスクを負います。

 

メリットの多い合同会社

合同会社は、出資した社員がそのまま経営に携わります。

合資会社や合名会社のように会社内部の自治が認められていますが、その社員は有限責任のため債務履行の大きなリスクを伴いません。

そう考えると合同会社は、メリットが大変多い会社といえるのではないでしょうか。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab