名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 合同会社の設立 » 合同会社の用語

合同会社の用語

合同会社は、比較的新しい会社組織のため、株式会社や有限会社と違いあまり聞きなれない用語があります。

また会社法にある法律的な用語は、一般的な意味と異なる場合もあります。

ここでは合同会社に関連する用語をご紹介します。

社員とは

一般的に社員というと会社の従業員や会社員のことをいいますが、会社法でいう合同会社の社員とは、会社の出資者であり構成員のことをいいます。

出資の額はいくらでもかまいませんが、合同会社では出資=経営者のため、出資が全くない場合、経営者にはなることができません。

なお、法人もこの社員になることができます。

持分会社とは

持分会社とは、少人数の者が出資して共同で事業を営むことを予定した会社類型のことです。

合同会社は、この持分会社になります。

また合同会社以外にも合名会社や合資会社もこの持分会社になります。

有限責任社員とは

合同会社の社員は、全て有限責任社員です。

有限責任社員とは、会社の債務について、その出資額の限度内で連帯責任を負う社員のことです。

会社を設立し、もし会社が債務超過に陥った場合、社員はその出資額の範囲で責任を負い、個人の資産で責任を負う必要はありません。

ただし、会社の債務の保証を個人で保証した場合、個人としても債務を負うことになります。

無限責任社員とは

無限責任社員とは、会社の債務について無限に責任を負う社員のことです。

無限責任社員の場合、会社が債務を負うと、その全てを個人で負うことになります。

合名会社は全てこの無限責任社員から成り、合資会社は有限責任社員と無限責任社員の両方で成り立っています。

業務執行社員とは

合同会社では、原則として全ての社員が業務を執行します。

しかし、定款で定めることにより、出資はするが経営に携わらない社員と業務を執行する社員と分けることができ、この業務を執行する社員を業務執行社員といいます。

業務執行社員は登記事項のため、謄本に記載されることになります。

業務執行社員には、株式会社の役員と違い任期がありません。

代表社員とは

合同会社の代表社員は株式会社でいう代表取締役のことです。

代表社員は、業務執行社員の中から選びます。

代表社員は、合同会社を代表し、業務を執行します。

代表社員は、複数選ぶこともできますが、逆に代表社員を選ばなければ、全ての社員が会社を代表することになります。

LLCとは

LLCとは、リミテッド・ライアビリティ・ カンパニー(Limited Liability Company)の略でアメリカの各州が制定するLLC法(Limited Liability Company Act )に基づいて設立される事業体のことです。

日本では、2006年5月の新会社法施行によって認められた合同会社という新しい会社の形態です。

LLCは、アメリカでは事業体ごとに法人課税を受けるか、その出資者が直接納税するパス・スルー課税を受けるかの選択が認められています。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab