名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 合同会社の設立 » 欧米のLLCと日本のLLCの違い

欧米のLLCと日本のLLCの違い

合同会社(LLC)は、もともとアメリカで生まれました。

日本のLLCと欧米のLLCは大きく異なる部分があります。

それは日本のLLCには、構成員課税(パススルー課税)が適用されないという点です。

構成員課税(パススルー課税)とは

通常、会社等の法人には、その法人に対して課税されます。

構成員課税とは組織に対して課税されず、個人に対して課税される仕組みです。

この構成員課税が適用されれば、通常のように会社で課税され、さらに個人の所得でも課税されるという二重課税が起こりません。

したがって、法人課税より、構成員課税の方が納税額が少なくなります。

有限責任事業組合は構成員課税

有限責任事業組合(LLP)は、合同会社と並ぶ新しい事業体です。

個人または法人が営利目的の共同事業を営むための組織で、その責任が限定されているのが特徴です。

組合の事業で利益が出たときには、組合自体に法人課税はされず、出資者への利益分配に直接課税されます。

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab