名古屋市北区の会社設立サポート。株式会社・合同会社の設立なら行政書士ひかりコンサルタント事務所へ。相談無料

HOME » 会社設立の基礎知識

会社設立の基礎知識

会社設立に必要なもの、会社設立のメリットなどを解説。

会社の役職

会社設立で時々いただく質問に会社の役職についてがあります。

たとえば取締役の一人を常務としたいが、定款に記載する必要があるのかなどです。

実は会社の取締役は、代表取締役以外、登記上には何の区別もなくすべて同じなのです。

ここでは、よく使われている役員や会社の役職について説明いたします。

(続きを読む…)

会社等法人番号と法人番号

会社を設立し登記が完了すると、設立した会社の謄本が取得できるようになります。

謄本の一番上の欄には、特定の会社を識別するため会社等法人番号が記載されており、これはその会社固有の番号になります。

最近、この「会社等法人番号」とマイナンバー制度によって与えられる「法人番号」の区別がわからないとお問い合わせをよくいただきますが、2つは原則として別のものになります。

(続きを読む…)

外国人の会社設立が以前より容易になりました。

平成27年4月、入管法が一部改正され、から在留資格「投資・経営」が「経営・管理」に変わりました。

この改正により、これまでの外国資本との結びつきの要件がなくなったため、就労ビザをもたない外国人の会社設立が以前より容易になりました。

(続きを読む…)

電子公告について

電子公告とは、会社が官報に掲載する方法や日刊新聞紙に掲載する方法により行っていた公告をインターネットのホームページの上で行うことをいいます。

(続きを読む…)

取締役の姓の変更

女性の取締役の方などは、婚姻に伴い苗字が変わることがあります。

この場合も役員変更登記が必要になります。(商業登記法17条他)

ここでは、取締役の氏名変更についてご説明いたします。
(続きを読む…)

役員報酬について

新しい事業を始め、会社を設立すると役員である自分の給料を決めなくてはいけません。

この役員の給料のことを役員報酬といい、ここではこの役員報酬についてご説明いたします。

(続きを読む…)

事業目的の例

会社は、どのような事業を行うかを決め、それを定款に記載しなくてはいけません。

この事業内容のことを事業目的と言います。

会社は、この定款に定められた事業目的以外の事業を行うことはできず、定款に記載されていない事業を行う場合、定款の変更(目的変更の登記)が必要になります。

(続きを読む…)

定款の変更

会社を設立後、様々な理由で定款を変更することがあります。

ここでは会社の定款変更についてご説明します。
(続きを読む…)

給与計算の仕方

会社を設立し、従業員を雇用すると必ずやらなくてはいけないのが給与計算です。

独立開業前、サラリーマンだったときは、もらうだけであまり深く考えなかった給与明細の内訳ですが、支給する立場になるとその内容について知っておかなくてはいけません。

ここでは簡単に給与計算の方法についてご説明します。

(続きを読む…)

役員登記の添付書類・役員欄の氏の記録が変更されました。

平成27年2月27日より商業登記規則が一部改正され、役員の登記(取締役または監査役等の就任、代表取締役等の辞任)の申請をする場合の添付書面が変わりました。

また法人の謄本の役員欄に役員の婚姻前の氏も記録することができるようになりました。
(続きを読む…)

お問い合わせはこちら

行政書士ひかりコンサルタント事務所
愛知県名古屋市北区大曽根二丁目8番26号
エステイト大曽根2A

TEL:052-618-6346
FAX:052-618-6347
MAIL:info@nagoya-kaisha.jp
営業時間:9:00~23:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab